“短期留学VS長期留学”長期留学には無い短期留学の圧倒的4つの魅力的なメリット


もぐもぐ…

ぁ。みなさんいらしてたんですね。(ごくん…もぐもぐ)

あ、食事中ですがお気になさらずに


誰も気にも留めてないし、その謎のおもんない設定やめとけ


うん。読者ささんからの視線が痛いし、ちょっとやめとくわ


ということで、タイトルにもあるように

短期留学について話すわけですが


そーいや
こうへい長期留学、それから短期留学したことあったっけ?


実は、高二の夏休みに

🇬🇧の方に留学してました!

その経験を踏まえ、今日はみなさんに

長期にはない短期留学の

圧倒的メリットをシェアしたいと思います!

長所はざっとこんな感じです👇


・行くタイミングが合わせやすい ・たのし過ぎる

・一日一日が濃い ・敷居が低い ・コスパがいい 

(今回の短期留学のメリットは、自分がいったことのない場所で留学するという想定の下、シェアしていきます。)


行くタイミングが合わせやすい


短期留学は文字の通り

長い時間を必要としない、短期間で行う留学です。

つまり

長い時間を必要としないので

学生のみならず、社会人の方でも

うまく連休と有給を組みわせれば

仕事の休みの間にいくことができます


旅行するよりも、刺激的でコスパも良さそうやんね!


最高に充実したバカンスになること間違いなし。👍💯😝


たのしすぎる


とりあえず

短期留学は鬼めちゃくそたのしいですよ。


鬼めちゃくそ口わるいやん自分笑


もちろん、勉強、授業もありますが

ぜ〜んぶ、本当にたのしいです

イメージとしては


授業➕旅行・バカンス


授業もそこまでハードではないので

宿題に追われたり、テストで寝る暇も。。。

毎回クラスにいくのが嫌になるほどストレスに

みたいになるようなものではないとおもいます


週末はどこかお出かけできたりできる感じ?


そうやね!
平日の授業おわりに、クラスメイトと飲みにいったりなんてできるときも、、、


実際、仕事の休暇中に

留学してる海外の人も留学中にいはりました

ちなみに、授業もそこまでシリアスな感じではなくて

フランクな、すこし緩めな感じなんで、授業もたのしめるかと!


1日1日が濃い


行ったことのない場所➕全く新しい人と環境


ということもあり毎日が本当に濃いです。


もうね、一日が普段の3ヶ月分くらい(←割とガチ)


でもそれって、長期でもいえることちゃう?


そうなんです

でも、長期だと短期とちがって

滞在というより生活という状況となります

一方、短期は短いこともあり

受ける刺激が集中的で、より密度が濃かったように感じます


期間が短い分、留学への意識も高いから、そういう意味でも濃くなりそうね!


挑戦しやすい


長期だと海外の大学に在籍して

向こうの学生とおなじように

授業を受けるので、やはりそこそこハードです


短期やと?


いろんな意味で挑戦しやすいです

短期なので、時間もお金のハードルも高くはないです

(二週間、フィリピンで10万もあればいけると聞きます)

ネットで簡単に今では

留学の手続き、情勢とかの情報が手に入るので

情報不足に困ることは少ないとおもいます


もちろん、行く場所にもよります!


あと、留学先の授業についていけるか

不安といったのもあると思いますが

そこも心配いりません!!!👍


おお。めちゃくちゃ説得力あるやん。


というのもですね

短期留学したとき(高校2年)

英検3級(中学卒業)に落ちてるレベルでした。😂

でも、何とかなってました!知らんけど!(← どやぁ<(´ ՞)ਊ( ՞ )>)


語学面で心配することは分かりますが
本当にそこは気にせず、行っちゃってください!


コスパがいい


コスパがいい


これが短期留学の最大のメリットだと思います。

毎日が濃い分

吸収するものも、受ける刺激も多いです

なので短期間でその新しい刺激から

これからの自分への

なにか新しい可能性や価値観、方向性

留学後の生活の中でこれからの

大きな挑戦につながるようなものを発見することができます


こうへいの場合やと
新しい自分の可能性と価値観に発見できたよね


そうやな、人生のターニングポイントやった
ずっと湿ってた、やる気の導火線に火を付けてくれたわ


そんなステキな発見を短い時間の中

費用もそこまで重くならずに出会うことができる

このコスパの良さが短期留学の最大のメリットです。


最後に一言


いかがだったでしょうか!

短期留学に興味のある方なら、

短期留学と同じくらいボランティアもオススメです

授業の代わりに、体を動かすほうがいい

という方は、ボランティアに挑戦してみはどうしょうか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です