マクドナルドの英語の発音かっこよ過ぎて、発音できたら、顔面偏差値10倍増しする件について。


どうも。

ポテトはロッテリヤ、KFCよりもマクドが一番と信じているこうへいです

マクドのポテト、ほんまに美味しい。

皮付きもたまには悪くなく、いろいろと旅をして、、、

でも、結局、マクドのポテトを食べたら

「あー、やっぱこれだわ〜。うめぇ〜。しあわせじゃあ」

って、なっちゃう。。すごい。。バーガーそんなにやのに。。(←おい)


てな感じで
マクドのポテトが好きなわけですよ。


だから、アメリカで留学していたときも

本場のマクドのポテトのクオリティがたのしみで、るんるん。

でも、どうやら簡単にお宝にはありつけない模様。

さてさて、一体何が起こったのか。ちょこっと覗いてみましょう。


マクドナルドが通じない。


時間は、お昼の1時。お腹が減ってきて腹ぺこ。

とにかくボリュームのあるものにがっつきたくなる、そんな気分。

何を食べようか、町のダウンタウンのバス停で考える。

こんな雰囲気のところ

昼の1時ということもあって、昼食をとりに人通りが多い。

この時間だ。どこにいってもレストランは混んでいるに違いない。

来たばかりで、ほぼ知らない土地。どこに何があるのか分かっていないし

どんなお店があるのかさえ、分かっていない。

携帯もWiFiがないと、ネットが使えないので、調べたくても調べられないし

とりあえず、散策して見つけよう、動く気にもならない。

あんまり動きたくなかった。それでも、お腹は減る一方。

空腹が、いろんな妄想だけを掻き立てる。

どうしようか、ぼーっと考えていたら、頭の中にぽんっと出てきたのは、








ぽんっ…….





   
  













そっちかい
ロゴマークの、あのMじゃないねんな。笑笑笑


これだ。気分は、一気にファーストフード一色。

そうと決まれば、早速人に聞こう。善は急げ。


「ごめんなーい、マクドゥ(←少しそれっぽく発音して)
 ってこのあたりにありますかね?」


ん?
なんて???


「ぁ。。。(そっか。訳していうのは日本だけやんな。ミスったミスった)」

「えっと。マクドゥナルドゥー(←語尾にアクセントを付けて)
 ってどこか知っていますかね?」


ごめんね。もっかい言ってくれるかな?










「。。。。。。。。」







「sure sure!」







平静を装うも、内心は少しずつ焦り始めるこうへい氏。








「(なんでや、、、もしかして、この人マクドナルド知らんのちゃん。。。)
 えっとですね、マァクドゥナールドゥ(←ナールを強調アクセントつけて)
 って、どこにあるか教えてもらえますか?」




………











両者とも

「。。。。。。。。。」(←約3秒の沈黙)









まぁまぁ気まずい沈黙が生まれる。







本当にごめんね。申し訳なんだけど、
ちょっと分かんないから、他の人に聞いてくれるかな?


「ぁ、はい!全然大丈夫ですよ!!
 こちらこそ、止めてしまってすいません!Have a nice day!」







「(。。。。。。)」







無言で呆然と立ち尽くす。










なんでや。












「(なんで、通じひんかったんや。

 まさか、マクドナルドほんまにないんか?!いや、そんなことはないはず

 マクドはどこ発祥やおもてんねんや。そんなことあってたまるか

 あの人が知らんかっただけとちゃうんか。なんでなんや。。

 俺の聞き方が、悪かったんか?!いや、さすがにそれない。)」







「(。。。。。。)」 







再び、呆然と立ち尽くす。

もはや、空腹のことなんか頭の中から、消えている。

どうしようという言葉しか思いつかない

かといって、このままじっと立ち尽くしていても仕方ない。行くしかねぇ。

わずかに残ってる勇気と自信をもって、再挑戦、、


「す、すみません!マクドゥナルズに行きたいんですけど、
 どこにあるか分かりますか?」


どこに行きたいって?






「、、、、、、」






すーーーーーー、ふぅー。

一旦、間を置くことも兼ねて、とりあえず深呼吸。

単なる聞き間違いかもしれへんしね。そうそう、単なる聞き間違い。。。

よっしゃ。


「ぁ、えっとですね、、その、、」

(あかん。どないしよ、これ絶対あかんやつやん。嫌な予感しかせん。。

 いやここは行くしかない。男、こうへいお前なら出来る!

 おし!俺なら出来る!うぉぉぉおぉぉ!!!!)


マァクドゥナールドゥズ(←全身全霊のマクドナルド)に行きたいんです」




「(よっしゃ。言い切ったぞ。俺はベストを尽くしたぞ。何でもきやがれ。)」







どきどきどき………





言い終わって相手の顔をみる。

相手が口を開ける。









どっくん。。。。









ごめん。他の人に聞いて見てくれないかな?







こうへい氏、完全敗北。










顔面偏差値10倍増しクオリティ。


そのあと、いうまでもなく大人しくお家に帰ったんですが

さて。気になるマクドナルドの英語の発音は一体何だったのか

気になって帰宅して、すぐさま携帯を開いた(家には、WiFiアリ)


スペルをMac…と入力してっと、、、発音のボタンをタップ。






どきどきどき……(←謎の緊張感)







マェクドァールドゥ(←“ドァー”の部分をアクセント)









。。。。。。へ?









一緒じゃねぇか、ばかやろう。(←全然ちゃう)



最後に一言


正直なところ、文字だけじゃ

この発音のかっこよさが伝わらないのは、あほな僕でも承知しております

でも、これ実際に使う、しかるべき時にですよ?こうさらっと、、


マェクドァールドゥ


はい!おめでとうございます!これであなたも晴れてリア充の仲間入りですよ。

いや、でもリアルに真面目な話で笑、これをさらっと、

英文の中で使ったら10倍増し射程範囲内ですよ。知らんけど。(←おい。)

という訳でですよ。発音はなかなか、かっこいい、いかすなので

ぜひ、気になる人、意中の人の前で、使ってみてください

それでは、あなたの恋愛に幸運を!


ばいばいびーん!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です