知ってる?!緊急時のフェイスブックの知られざるすごいあの機能


留学中なにかとフェイスブックに

お世話になってたこうへいです!

今日は緊急時に使える

フェイスブックの知られざるあの機能をご紹介します!


緊急時とはいっても具体的にどんな?


災害時における緊急時!


フェイスブックアカウントを

もってるだけで頻繁に使わない人

そもそもフェイスブックやってない人

が日本には多いとおもうので災害大国の日本こそ

利用してもいらたいフェイスブック機能を今回シェアして

皆さんの生活に役立てて欲しいと思います!!!


普段しょうもないことしか発信してないから、今日は久々にまともなのがみれそうやわ


こら。事実かもやけど、そういうこと言わないの。笑


知られざるあの機能ってなんや


簡潔にいうと

フェイスブック上で自分がフォローしてる人が

災害緊急時に安全かどうかが、フェイスブック上で把握できる機能です。

(以下;フェイスブック=fb)

自分が災害が発生した場所、

その付近にいたとき。fbが通知を送ります


こうへいさん大丈夫ですか、友達に安否を報告し、友達の安否の確認もしましょう。


こんなかんじの通知がきます



fbを開けると、自分が安全かどうかまず聞かれます

安全かどうか三つ程選択肢が用意されていて

該当するものを選ぶだけやった気がします


それで大丈夫じゃなかったら、救助等の何らかの他の質問がされる訳ね!


答えると、友達の状態がどうなのかも

リストとなって一目で分かるように出ます

もし位置情報がオフでも居住地域を

設定してればこのサービスを使えるはずです


位置情報をオンにしていたらー?


オンの場合だと

他の人がどこに現在いるのかが分かります

安否確認を緊急時にリアルタイムで

確認できる機能はかなり助かりますよね


自分の状況に合わせて、安否情報を更新出来るという意味でリアルタイムで把握できます!


留学中に山火事のため避難したんですが

そのときはこの機能のおかげで友達とも安否確認が素早くとれました


ライン、メッセンジャーでもよくない?


それを使ってもいいんですが

緊急時にはとりあえず、なにが一番先に知りたいかというと

「安全なのかどうか」

ってことですよね。

それが分かって

「今どこにいるのか」 「逃げる足があるのか」 「物資は必要か」etc…

といった話に進める訳ですよね


ふむふむ


ではそれを効率よく知るためには

ライン等の1対1のコミュニケーションツールよりも

みんなが共有(拡散)することによって

いろんな情報を効率よく得られるSNSのほうが

効率的な共有手段になってくるわけです


確かに、ラインやといちいち聞いてまわらなかんけど、fbの方が共有がスピーディーに出来るよね!


グループがあればいけますが

それでも限られた人でしかシェアできません。

なので拡散力に長けてるSNS、ここではfbが

大きな力を発揮してくれるとおもいます


この機能を使用するためには


この機能を使うために

なにか設定等をする必要はありません。

ただ位置情報サービスも同時に使いたいとなると

位置情報サービスをオンにしておく必要があります


そのためには、fbではなく携帯の設定でfbの位置情報設定をオンにしてください!


 fbの使用中時のみオンにでもできるので

一度設定を見直してみてはどうでしょうか〜。


最後の一言


fbは今日の生活インフラとして

世界中の10億人以上の人に利用されてます

それだけに

最近の個人情報が漏れている問題は深刻となっていますが

fbは

ビジネスの場でもあり、求人を出したり

天候情報を提供したり、フリマのようなサービスもあります


それに、緊急時の安否確認まで取れちゃうもんね


家族や繋がりのある地元の人たちとの

緊急時の安否確認のためにfbをとってみてはどうでしょうかい!!

それでは今日はこれにて!👋


ばいばいきーん


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です