僕が掃除が好きな理由。それは、掃除は過去の自分とお話しができる大切な空間だから。


部屋が終始汚いこうへいです。わりとガチです。

ぁ、でも、埃とかで汚い訳じゃなくて

服とか、あと、服、、、、えーと服ですね。服が床の上に散乱してます

ハンガーにかけるのが、超絶めんd、、、ゴホン。まぁ、そういうことです


紙、プリントも服なみに荒れてない?


。。。。御意


ということで、部屋が汚いというか

ものを片付けないから、いつの間にか散らかってしまいがち、

だから、よっしゃ!掃除すっぞ!っていう掃除スイッチが入る。

でも、やった気になって気づいたら掃除が全然すすまないことも。。。

何でかというと、









掃除は過去の自分と会話することができるから。









ほら、たまに掃除したら、過去の懐かしいものが

ちょっとしたタイムカプセルみたいな感じで掘り出されて

そこで、うわ、このプリント懐かしい。。。とか出てきて

感傷に浸れるそんな空間、時間がとても心地いいんですよね。

今日は、そんな僕の心地いい時間をシェアして、

これを読んでくれているあなたの掃除がより彩りある時間になって欲しいです。


過去の自分と今の自分を答え合わせ


いつもそう。みんな夢や希望、目標、ゴール、やりたいこと

があって、それに向かって今を生きているということは

みんな何となくは事実として知ってはいる。

でも、いったい自分が本当にどこに向かって歩いてるのかなんて

誰にも分からない。自分が分からないのに、他人が分かるわけもない。

だから、ワクワクもするし、言いようのない不安が僕たちの心を煽ってくる


でも、
前に進まないといけないことだけは、分かっているから
とりあえず、目の前のことを、頑張るんだよね


たとえ、見つけようのないものであったとしても

きっとみんな何かしらの答えが欲しい。確証とも言うのかな

自分の不安や心配をちゃんと埋めてくれる、ものが欲しい。


僕はそれが、掃除の時間にあると信じている。


なぜ、掃除からそんな自分の心のブルーな部分を

埋めてくれるような、便利なものを見つけられるのか

それは最初にいった、過去の自分とお話しができるからだ。

今の自分が信じれる正しさは、先の視えない未来からよりも

自分が辿ってきた道のり、経験したこと、今の自分にとって目に視えるもの

のほうが、今日の自分にとってずっと安心感のある、信用できる

自分自身に合った価値観、正しさの判断基準を得ることができる。

だから、掃除の時間では

見た目はただの紙クズだったとしても、過去の自分が投影されている

自分自身と一緒に、今の自分の答え合わせをして自分と向き合えるんだ。


自分を大切にしてあげられる時間でもあるんだ。


今の時代は、SNSで他人となにかと共有することができるようになった

だからどうしても、隣の芝生がより青く見えてしまうことが多くなって

他人と自分は違う人間で、価値観、考え方は違うのに

他人と自分の幸せを比べてしまって、知らず知らずのうちに他人のペースで

生きていたり、自分を追い込んでいたりしまっていることも、、、


自分自身に悲観的になってしまったりしちゃうよね


自分と向き合えることは、なぜ今の自分がここにいるのか

何のために、自分が頑張っているのか、努力しているのか

自分自身を整理することができれば、たとえ、苦しい、辛い状況でも

把握することで、心に余裕が生まれる。

そうやって、掃除で自分を向き合うことによって

自分を見失わないように、自分を大切にしてあげられる時間でもある。


最後に一言


「 掃除 」





それは、ただ部屋をキレイにするというだけの行為じゃなくて

今の過去の自分と“今”を共有することができて

自分と向き合えて、自分を大切にできる時間でもあるということ。

毎日を頑張って生きていたり、心の何処かで不安に感じていたり

何かに必死になっていたり、とにかく目の前のことしか見えていなかったり

どうしても頑張る気になれなかったりしていたら、

自分がどうして今、ここにいるのかを忘れてしまいがち。

掃除はそんな、毎日を明日を、来る日来る日を

続けることで精一杯な自分に、ちょっとした心の余裕を与えてくれます。

もし、あなたがどこかで疲れたり、くたびれてしまったら

一度、過去の自分とお話しをしにいってみてはどうでしょうか。

きっと、素敵な時間になりますよ。

あなたにとってもそんな時間になって欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です