短期学校ボランティア in パラワン、フィリピン!〜ボランティア編〜授業の準備と授業が大変やった


はろー!毒ありのサソリと

イチャラブショットを納めたこうへいです〜!


よう刺されへんかったな。笑 これフィリピンのやつ?


そそ。オランダ人の
同じボランティアメンバーにふられたからさ笑


侍魂とやらを見せつけてやりましたわ。(´̂ಫˋ̂)

てなわけで、今日はそのフィリピンでの

学校ボランティアについてシェアしようと思います

今回の記事では

主に学校でどんなボランティアをしていたか

を取り扱ってます

・どうやって、どこのボランティアで申し込んだか

・それから普段の生活はどんなものだったか

この2点については

また別の記事でシェアしますね!

ボランティアの説明のまえに

まず、パラワンってどこって話ですが

f:id:kohei1237:20190124190610p:plain
マニラから飛行機で約3時間

小さな長細い島で、かつては

第二次世界大戦の戦地だったそうです


めちゃ田舎っぽそうやな


高層ビルなんて無いし田んぼが多くて、けっこう田舎やったわ


海はきれいで田んぼが多く、のどかな感じでした

時間の流れがゆったりしてたようにおもえます

ということで

本題のボランティアで何をしたのか

なんですが、先生が足りてないため

ボランティア先の学校では先生をしていて

3歳〜6歳あたりを担当していました


何教えてたん?


英語の数字、色それと形の名前を

一人の相方(アメリカ人)と教えてました


7→seven            黒→black      四角形→square    とかとか…


授業は英語で行われているそうで

英語で教えてたのですが

英語を話せないものの、3歳の子が理解している

語学力には驚かされましたね。


3歳の子供がですよ?やばくないですか?笑


あとは時間があれば、休み時間と

放課後に子供たちと外で遊んでました

f:id:kohei1237:20190124135233p:plain
放課後の一枚

学校はこんな感じ👇

f:id:kohei1237:20190124112117p:plain
二階建ては無し

他の場所〜。

扇風機、電球はあり電気は通ってるんですが

供給が不安定みたいで、使うことはあまりないそうです

f:id:kohei1237:20190124143018p:plain

上2つの写真がグラウンドですね

下の写真の建物がボランティアをしていた教室です


何が大変やった?


大変やったことは


授業の準備授業


先生だけでなく教材も不足している

状況なので、次の日の授業にむけ自分たちで

教材を考えて、作っていました👇

f:id:kohei1237:20190124140153p:plain
学校は月から金なのでほぼ毎日この作業

紙やペンは自分たちが

持参したものを使っていました

横のクレヨンとハサミは

ボランティア団体(HIVQ)の方から借りていました

f:id:kohei1237:20190125105710p:plain
教材等が借りることが出来る

現地の先生からの指示は

わち「明日はどうしましょうか?」

先生「うーん、じゃこんな感じの内容でお願いします」

わち「分かりました」

といった方向だけ伝えられるだけでした

でも準備の中で一番大変なのは

教材を考えることではなくて

教材を人数分用意することでしたね


なんで、人数分用意するだけやろ?


そう。30人分の教材を用意するだけやねんけどさ…


あ。まさかの。。。


 ・・・・・・

f:id:kohei1237:20190124142437p:plain

わち「よっしゃ。ええ感じやな。これなら楽しんでくれそうや」

相方「ね。いい感じだね!あとは人数分用意しよう」

わち「よし。じゃー、これをコpー…」

相方「😅😅😅… ないよね」

わち「ってことは、手で…?」

・・・・・・

よくよく考えてみたらフィリピンの

この田舎にコピー機があるわけもなく

3種類の教材を用意したので

ハサミで切っておよそ90枚ほど用意することに。。。


それは辛いな


子供たちがほんとに可愛いんですけど

めちゃくちゃ元気で、常にスタミナ全開でした👦👧🔥

どんだけ元気だったかというと…💭💭💭

・・・・・・

f:id:kohei1237:20190124143636p:plain

キーンコーンカーンコーン🔔(←実際にはなってないんやけどね)


わち  「始めるよ、これ配るから始めて〜」

子供たち「はーい!(ガヤガヤ、かちゃかちゃ、かきかきかき📝)

わち  「ここはこうやるんだよー」(今日はええ感んじや〜)」

とホッとしていたとき

一人の子が(Aとする)

A    「うわあぁあぁぁあ!!!!!!(謎に走り始める)」

わち「え。どしたどした。」

B    「あぁぁああ!!!(猛ダッシュでAを追いかけ始める🏃‍♂️←🏃‍♂️💨)」

わち「ちょっ。静かにして座ってよー!(効果ゼロ&威厳ゼロ)」

そうすると

なにが起こるかというと




ほかの子たちも謎に共鳴し始める





あるものはダンスし、あるものは笑って叫んで 

あるものはムダにクオリティの高いゴリラのモノマネ

ある優秀な子はうるさい周りに向かって


「静かにしてよ!!!」


と注意する(←これが一番うるさかったりする)


やばいな。カオス過ぎる。笑


この無法地帯の救世主が

現地の先生が駆けつけてくれて

先生が魔法のことば


「ヘップヘップ!!!!!!!」(←これが一番うるさかった)


いや、やめとけ。失礼過ぎやろ笑


すると、、、

子供たち「………」(シーン。。。大人しく席に座り始める)

このヘップヘップという

魔法の言葉をつかえば

この無法地帯を鎮めることができるらしいです


もちろん使い手によりますよね
え、わち?聞かなくても分かるでしょう〜。


といった感じで

進撃の巨人の奇行種を30人

受けもっていたと、思ってもらったらいいかと

 ・・・・・・

授業はほぼ毎日

こんな調子で行われてました

なんで体力勝負の毎日でヘトヘトでした


それでも、たのしかったし刺激的で、
子供たちのめちゃ元気な笑顔は癒されました〜!!!


一緒にがんばってきた相方がアメリカ人で

国がちがう二人で1つの言語をとおして、

毎晩、疲れてるなかで話しあって教材を考え知恵をだしあい

授業をおこなって、現地の方と子供たちと触れ合い

毎日ヘトヘトでしたが、充実したやりがいあるたのしいものでした


すこしハードそうと思うかもませんが
ほんとに充実した、やりがいある挑戦してよかったと感じることができました。
ぜひ、みなさんも行ってみてはどうですか?


一週間だけ!とかいうやつもあるもんね!


サラリーマンといった、社会人の方でも

長い休暇があれば行けそうですね


もちろん学生も!
あ、それに、お仕事引退された方でも!


ボランティアメンバーの中にも旅をしながら、

ボランティアをしてる60代の女性がいはりました!

なので、みなさんも行ってみくださいね!

素晴らしい思い出になること間違いなし!!!✨✨✨


👇この記事は私がどうやってどの団体(IVHQ)にどのような手順で申し込んだかを解説してる記事です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です