カフェから視える海外(欧州と北米)と日本のワークスタイルのちがい


カフェ巡りが好きな、こうへいです!


こうへいは普段何しにカフェ行くことが多いの?


学校の課題も含め作業しに行くことが多いかな〜
ずっと家に引きこもって作業できない人なんで!


というわけでして

ブログを書きにとあるカフェに行ったんですが

Wi-Fiの提供はしておらず、お友だち情報によると

個人のお店(チェーンはのぞく)で

WIFIが使えるお店は、多くはないとのことでした


やられたね


今回はそんな日本と海外(欧州と北米)のカフェの

違いから視えてくる

ワークスタイルの興味ふか〜い違いについて

シェアしたいと思います


働き方=ワークスタイルと捉えてもらっても構いません!


海外(欧州と北米)と日本のカフェへの認識のちがい


・日本


日本だとカフェという場所は

スイーツ🍰やコーヒー☕️などなどをたのしむ場所

つまり、“食”に重きを置きがち

そして、その上でお喋りをする場所

だから

食をたのしむ娯楽(デート等を含む)の場所である

認識が強いような気がします


 ・海外(欧州や北米)


作業(宿題、課題、仕事)をする人が多いので

Wi-Fiは当たり前のように、どこにでも提供されています


Wi-Fi置いてないお店は見たことが無いくらいです



他にも、人と会ったり等の社交の場でありますが

あくまで、なにかをするためにカフェという場所に行き


その何かするための時間を彩るためにコーヒー、スイーツ等がある


という意識が海外ではあるように思えます


カフェでの時間の過ごし方、カフェという場所への価値観が違うんやな!


もちろん、人や場所にもいくらでも変わってくるとは思うけどね!


カフェのちがい視える、両者の働きかたのちがい


海外では基本的に

どのカフェにも無料のWi-Fiが提供されてます

これは


オフィスだけでなくカフェでも落ち着いて作業がしたい


という人々の働き方へのニーズが

あったからこそ、この海外の環境ができたのかななんて。


つまり海外の働きかたとは?


海外では日本よりフリーランス人口が多いことや

デジタルオフィスやテレワーク     etc…


デジタルオフィス=ネット空間のオフィス、会社
         オンライン上にあるオフィス


テレワーク=会社に所属していても場所を選ばずどこでも働けるという労働環境


といった従来のオフィス(会社)に

時間どおりに毎日出社して、仕事するという形態が

どんどん上記のような形態へと多様化しています


日本やと?


まだ会社勤めが主流やんか


デジタルオフィスやフリーランス

といったような多様な

働きかたはメジャーではありませんよね

なのでカフェで仕事をしていたとしても

そこにWi-Fiがほしいという、ニーズが増えづらいかもしれません


日本の働き方が多様化したら日本のカフェも変わってるかもしれませんね


しかも、日本のカフェは

“食”を楽しむ娯楽場所という認識が

定着してだけ、WiFiへのニーズが低いのかもしれませんね


後もう1つ言えることあるよ?


なんや!


日本は紙をよく使うから、ネットいらずに作業できたりするんちゃうんかな!


なるほど。。。

確かにそれはりますよね、作業をしにカフェにいっても

紙をまだよく使う日本では

そもそもネットがなくても作業ができてしまうのかも…


最後に一言


ライフスタイルのちがいが

身近の場所の価値観や機能が

国によって変わるのはおもしろいですね!

もし他国への理解を深めたいなら、両国の共通点を見つけ

その役割等について考えてみると

意外な答えがそこにあるかもしれませんね!


まぁ、結局なにがこの記事でいいたいかというと
カフェにWiFiは置いておいてほしい。。。


いろいろベラベラ喋ってきて
いいこと、そんなことかい。笑


いやー。切実。。。

僕がカフェをもつなら、絶対WiFiおきますよ!

ちなみ、カフェの名前は「ほのぼのカフェ」ですよ。たぶん。


それでは、いつか「ほのぼのカフェ」でお会いしましょう!


今日はこれにて〜!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です